hoiku-tory

地域活動

楽しみながら学ぶ、作る!「青空キッチン船橋新高根教室」3歳から始める食育レッスン

子どもたちにとって、勉強、遊び、運動……すべてが大切なことですが、全てにおいて基礎となるのは、何と言っても正しい食事!選択肢が多い時代、自分に合った食生活をすることは大切なことですが、なかなか難しいことでもあります。そこで今回は、「子どもたちが自ら正しく食を選べるように」というテーマで食育料理教室を開催している『青空キッチン 船橋新高根教室』に行ってきました。
人物紹介

【人物紹介】元保護司「中澤照子さん」~心を溶かす言葉はおしゃべりの中から~

店主の中澤照子さんは、2018年まで保護司を20年間務め、その功労が認められ天皇陛下から藍綬褒章が授与されました。そして引退後、みんなが集まることができる場所として『カフェlalala』をオープンされました。現在でもアドバイスがほしいと中澤さんのもとを訪れる人は後を絶ちません。保護司の活動とはどのようなものでしょうか。人の心に寄り添うこととはどのようなことなのかをお聞きしました。
イベントレポート

【イベントレポート】小倉正巳さんと考える「個性」と「想像力」の育み方

イラストレーターの小倉正巳さんを招き、「個性」と「想像力」というテーマのイベントを開催しました。
地域活動

えほんとコーヒー「くわのみ書房」お気に入りの一冊が見つかります♪

「素晴らしい絵と洗練された文章が組み合わさってできたのが絵本です。絵本というのは、子ども向けに作られていますが、子どもだけに限らず、大人でも充分楽しめる作品になっていると思います。もちろん子どもと一緒に楽しみたいというのが前提にありますが、それだけではない大きな魅力がありますね」と語るオーナーの那須さん。
イベント紹介

【ほいくCafé VOL.1】船橋在住イラストレーター小倉正巳さんと考える「個性」と「想像力」の育み方

「ほいく」とは、子ども自身の生きる力を育むことだと考えています。 そこで、HOIKU-Tory では、独自の力で人生を切り開いてきた人をゲストに招き、みんなで語り合う「ほいくCafé」を開催していきます。 第一回目のゲストは、船橋在...
地域活動

【新入社員研修レポート】「ゆとり」で括られたくない若者たちの可能性

2019年4月2日、3日。ある団体の新入社員研修に運営委員として携わった。中小企業に就職した新社会人が一堂に集まる。桜が満開ではあったが、この時期にしてはめずらしく寒い研修になった。
団体紹介

【団体紹介】認定NPO法人ガンバの会~ホームレスの自立支援~

NPO法人ガンバの会は、路上生活をせざるを得ないホームレスの方々のために、おにぎりを配るという活動から始まって20年。住居の提供、仕事の提供、自立支援を行ってきました。路上生活者は減ってきたものの、今では、10代~20代の若い人たちからの相談が増えてきているそうです。
人物紹介

小金西グレース子ども園「山田裕宇記園長」

私の場合、保育業界で働く人間としては異色でして、10年前までは銀座のホテルで、ソムリエをしていました。自分があまり両親と接点が多いわけではない子ども時代を過ごしていたので、結婚して子どもが生まれるというタイミングで、夜の仕事ということに迷いが生じたんです。同じことを子どもにしてもいいのかなと。そんな時、妻のご両親が保育園を経営していて後継ぎがいないという問題がありまして、前からお声がけをいただいていたのを思い出し、連絡をとってみたのがきっかけになりました。
人物紹介

映画「こどもこそミライ」監督筒井勝彦さん~まだ見ぬ保育の世界~

3/21(木・祝)、ほいく・未来ファクトリー~HOIKU-Tory~キックオフイベントとして映画「こどもこそミライ」の上映会が開催されました。この映画では、子ども本来の生きる力、考える力がイキイキと描かれています。子どもたちの幸せな未来のために大人はどう関わっていけばいいのでしょうか?
団体紹介

中核地域生活支援センター「がじゅまる」~一緒に悩みを共感できる社会へ~

「がじゅまる」は、千葉県からの委託を受け、その人その人に合わせた生活を支援するネットワークづくりのお手伝いをしています。(市川市・浦安市にお住まいの方対象/無料)今回は「がじゅまる」のセンター長の朝比奈さん、副センター長の宮本さん、スタッフの清水さん、研修生の今井さんにお話を伺いました。